アセンションで前向きに|ライトワーカーとして目覚めるきっかけ【光の仕事人としての自覚】

宇宙とインディゴチルドレンの関係【アセンションの必要性を考える】

インディゴチルドレンが天才と言われる理由

インディゴチルドレンは地球のアセンションを助けるために生まれてきました。有名人ではアインシュタインや宮沢賢治などがそうであったと言われています。彼らは新世界を創り出すために必要な高い能力や創造性を持ち、その能力が遺憾なく発揮されると、後世に名を名を遺すほどの偉業を成し遂げる可能性も秘めているのです。

アセンションで前向きに

レディ

アセンションを行う必要性

アセンションとは次元上昇のことで、地球においては今までの三次元から五次元の世界への移行を意味します。この次元上昇は宇宙規模で起き、これと同じように人間の意識も今までの次元から五次元へと上昇します。五次元は時間と空間を超越した世界と言われ、個々の意識レベルに応じて認識できる範囲も変わってくるようです。しかし人類全員が次元上昇できるわけではなく、人によっては今まで通り三次元にとどまる魂もいます。そしてもしポジティブな波動領域を経験したいのなら、自分の意識レベルを五次元へと上昇させる必要があるのです。

インディゴチルドレンの人の主な特徴

インディゴチルドレンとは、1970年代の後半以降に生まれ、かつ深い藍色の魂を持っているグループのことを指しています。人類が恐れたという低い波動から解き放たれるように手助けし、地球の次元上昇をサポートすることを使命としてきました。彼らは地球での転生経験が全くないかあっても少ないため、社会生活に適応しにくいという特徴があります。他にも興味のあることには没頭するほど集中したり、心身共に過敏傾向にあるという面も。言語などによることなく他者の感情などを感じ取れるエンパシー能力やサイキック能力、霊能力なども持ち合わせています。

日常的な生き辛さを乗り越える方法

インディゴチルドレンは、集団に馴染みにくかったり自分の意志がはっきりしているという特徴があるので、小規模な職場やフリーランスで働くことに向いています。いずれにせよ、自分のペースで働ける環境を選ぶことが重要です。またインディゴチルドレンは何か一つは突出した才能を持っているので、それが何かを知り、仕事に生かすことが幸せになる近道です。そして何より大切なのは、一日のどこかで少しの間だけでも、自分一人だけの時間を持つことです。そうすることで本来の自分に立ち戻ることができ、心に余裕を持ちやすくなるでしょう。

親が気づいてあげよう!子供の頃に見られるインディゴチルドレンの特徴

子供の頃から見られる特徴として、集団行動が苦手、心身が過敏、興味があることには没頭するほど集中する、年齢以上に大人びているなどの点が挙げられます。中には、子供を見下したり馬鹿にしたりする大人に説教をすることも。これは地球より高い次元から来た魂だというのが理由です。また、自分にとって必要なことにしか興味がないため、得意科目と不得意科目の差が激しい傾向があります。そしてエンパシー能力があるので、他者の感情や肉体的な痛みなどを、まるで自分の感覚のように感じ取ってしまうのです。

広告募集中