目覚めた後の行動|ライトワーカーとして目覚めるきっかけ【光の仕事人としての自覚】

大事な役割を担っている光の仕事人【ライトワーカーとして目覚めたら】

目覚めた後の行動

婦人

ライトワーカーに見られる特徴とは

ライトワーカーは幼い頃から心の中で、なぜか既存の社会や周囲の人間関係になじみきれないといった想いを抱いていることも少なくありません。そのため、ライトワーカーとして目覚めるまでは、漠然とした孤独感を持ったり、他の人との違いを感じて孤立感に悩むこともあります。周囲に合わせたり、権威や常識といったものに従うのも苦手です。そして、論理的に意味をなさずとも、なぜかそう感じるというフィーリングや直感をもとに行動する傾向があります。また、ライトワーカーは感覚的にエネルギーに鋭敏であるため、周囲の影響を受けやすい面もあります。更に、共感能力も高いので人や動植物を癒したいと強く願う人も多いでしょう。そして、病気でないのに、身体の調子がおかしかったり、時間感覚や嗜好が変わったりすることもあって、人知れず戸惑いを感じていたりするのも特徴です。

ライトワーカーに目覚めた後にすべきこと

ライトワーカーとして目覚めたら、まずはこれまで以上に、自分自身を大切にしなければなりません。新しい世界へ向かっている地球規模での大きな転換期に、光の担い手としての役割を果たしていくのです。そのためには、率先してこれまでの恐れや不安を手放していくことです。人々や世界を癒していくには、第一段階として、ライトワーカー自らを癒して浄化していくことも大事です。そして、聖なる魂の目的にかなう生き方をしつつも、自分自身にも喜びを与えたり、できるだけ自然と交流する機会や時間を持ちましょう。何より、ライトワーカーには社会や周囲の人々の影響に流されることなく、自らに備わっている能力を思い出し、自信を持って進んでいってほしいものです。常に、目覚めた魂の声に耳に傾けて、ライトワーカーである自分自身と新しい世界を信頼して、今この瞬間瞬間を大切に過ごしていきましょう。

広告募集中